借り入れ返済なんて怖くない

ローン音楽館|借入返済が楽になるお金の調

お金は借りたほうが得?

全く借金をしていない人というのは、よほどの資産家であるか、破産した人ぐらいではないかと思います。

 

自分は借金などしていないという人でも、クレジットカードを使っていて1回払いだったとしても、引き落とされていなければ、借金みたいなものですから、分割払いやリボ払いなんてしている人は、完全に債務者で、立派な借金です。

 

借金と言うと、消費者金融からキャッシングしていることを思い浮かべる人がいますが、住宅ローンだって、自動車ローンだって、銀行のカードローンだって、更には無利子の奨学金であっても「返済」という行為が待っているのであればそれは立派な借金なのです。

 

借金をローンとカタカナに置き換えてしまうと、なんだか借金よりも優しく聞こえてしまいがちですが、言葉の意味するところは全く同じなのです。

 

だから、借金があること自体を卑下する事も、非難することもなく、資本主義経済では至極まっとうな行為で、どうどうと胸を張って生きていればいいことなのです。

 

むしろ借金をしてくれる人がいるから、経済が回り、投資が成立し、ローン商品が有るのであって、誰も借金をしなくなったら金融商品が成り立たず、そのためのビジネスでの雇用も生まれません。

 

ですから、破綻しない範囲でうまく借金(ローン)と付き合っていくことが大事で、いわば、世界を席巻している資本主義社会で生きていく限りにおいては必修なのです。

 

もちろん社会の仕組みが変わって、お金という存在に振り回されず生きていける時代になれば解放されることではありますが、それは間の所期待できなさそうですしね。

 

と言うことで、上手に借金(ローン)をしていくためには、状況を見極めることが大切です。ここまでして当然と述べてきた借金(ローン)ではありますが、矛盾するような言い方ではありますが、基本的には必要悪であるといえます。

 

必要悪である物は、当然弊害もいっぱいあるので、常に弊害から防御可能な状態を作っておかなければなりません。

 

お金に関する情報に敏感になっていく必要か゛あります。それは何かというと、金利や、より条件のよいローン商品などについての情報です。

 

また経済情勢によっては、借入を増やしても大丈夫な時、返済を優先して債務を減らすべき時というものがあります。

 

これらに役立つ情報をこのサイトでは取りあげてコメントしていきたいと思います。

多重債務者が減ったそうです。数字的に言うとかなりの激変で、2007年の177万人もいた多重債務者が2016年には12万人しかいなくなったそうです。

 

ここでいう多重債務者の定義は5社以上の借入がある人のことだそうです。
ということは、4社以内であれば、この数字に含まれていないということになります。

 

これは、確実に総量規制の効果だと考えますので、総量規制がその目的を達するのに十分余りある対策だったという事になります。

 

ただし、ちょっと気になることがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る