総量規制の結果、多重債務者が減る!?

総量規制の効果なのか・・・

多重債務者が減ったそうです。数字的に言うとかなりの激変で、2007年の177万人もいた多重債務者が2016年には12万人しかいなくなったそうです。

 

ここでいう多重債務者の定義は5社以上の借入がある人のことだそうです。
ということは、4社以内であれば、この数字に含まれていないということになります。

 

これは、確実に総量規制の効果だと考えますので、総量規制がその目的を達するのに十分余りある対策だったという事になります。

 

ただし、ちょっと気になることがあります。

総量規制がかかるのは、消費者金融などの銀行以外の貸金業者です。

 

グレーゾーン金利の廃止もあり、過払い金請求などで多くの貸金業者が無くなり、残っているのは大手のところや闇金程度。

 

それに対して、需要を取りこもうと多くの銀行がカードローン商品を出しました。

 

総量規制の対象外となる銀行がその受け皿となりました。

 

銀行は確かに貸金業者よりも審査が厳しくなりますが、金利も低いため人気でそのカードローン商品の申込者が増ています。

 

実際に、銀行のカードローン融資残高はどんどん積み上がっているそうです。

 

うお金を借りたいという需要は無くならないわけですから、どこかで借りるということはあるので、当然と言えば当然です。

 

ただここに、多重債務者の減少というニュースを当てはめてみると、確かにもう返済ができないような危ない人に貸す金融機関は無くなったので、その結果ともいえますが・・・

 

そもそも、貸金業者が数えるぐらいの有名どころばかりになり、貸金業者の需要を銀行が取りこんだとすると・・・

 

最初に銀行カードローンを持てば、収入にもよりますが、そこそこ限度額がとれます。

 

更に、もう一つ銀行カードローンを作り、消費者金融でカードローンを作り、クレジットカードでリボ払いをしたりという状況になれば、ほぼ多重債務者という状態になると思いますが、ここまでで4社ということになりますので、前日の多重債務者の数字には入らないわけです。

 

銀行カードローンの融資残高がかなり伸びているという現状を考えると、多重債務者が14分の1になったという数字になったのだけをとらえて、激減と言うのはちょっと・・・な気がします。

 

以前であれば、消費者金融は名前の知られた有名どころは、5社以上はありましたから、そこから10万円ずつ5社に借りていても、多重債務者です。

 

しかし、銀行カードローンで、2行に50万円ずつ借りて、消費者金融で50万円借りて、更にリボ払いで50万円借りていたとしてら、果たしてどっちが本来の意味での多重債務者でしょうか?

 

まあこれは極端な話ではありますが・・・多重債務者と定義した数字の実態が見えてこないので、本当のところは分からないなあ・・・と思う次第です。

多重債務者が激減?!関連ページ

支払いが滞ると車が動かなくなる
自動車ローンの新しい形。車のエンジンとローンが連動する凄いローンが登場
借換は得なのか
まだ下がる傾向をみせている金利。ローンの借換は積極的にすべきなのか
住宅ローンは非正規社員でも組める?
住宅ローンの金利はかなり下がってきていますが、パートやバイト・フリーターなどの人は住宅ローンを組む事ができるのでしょうか?
カードローンの返済負担の重さを認識しよう
カードローンは、コンビニATMでも使えて、追加借り入れもATMを使った簡単な操作で可能だ。キャッシュカードで預金を下ろす動作と変わらず、安易に借金をしている感覚が薄くなり危険。
最近の住宅ローン審査傾向
住宅ローンを借り入れる時に行われる審査の内訳はどのような判断基準があるのでしょうか?金融機関ごとで判断する内容や状況が違うようなので、一箇所で通らなくても諦める事はないようです。
これからはカードレスの時代?
インターネットサービスの充実とともにカードローンサービスも進化をしています。その一つにカードローンを利用するときにローンカードが要らないカードレスローンが出てきました。
住宅ローンの「変動金利」は不利?
住宅ローンを組む時は、「変動金利」か「固定金利」のどちらかで決めることになりますが、長期的に返済していく住宅ローンの場合、先の読めない変動金利は先々不利になる事もあります。。
あなたは大丈夫?カードローン危険度チェック
カードローンは無計画に使ってしまうと、最悪自己破産にまで追い込まれてしまう事にもなりかねません。正しく使えば便利なのですが使い方次第で大変な事になります。