役立つ知識

損.リボ払い

「リボ払い(リボルビング返済方法)」は、カードローンやクレジットカードの返済方法でよく見かけます。カードローンの返済方法は大抵この方法が主流となっていて、クレジットカードの方は、カードを作る時に指定が出来ますし、作った後でもカードを使って何かを買った時の返済方法をリボ払いに変更することも出来ます。
リボ払いのいいところは、例えば何かを買って、その購入金額がある程度大きな額でも、毎月の支払額を、自分の収入に見合った返済金額で設定して返済する事が出来るところです。
こうして見ると、月々無理な返済金額で返済する苦労もありませんし、とてもいいサービスのように感じますが、使い方次第ではかなり損をする返済方法なのです。

リボ払いの情報については、こちらの記事が詳しいのでお勧めです。

リボ払いは借り替えよう

続きを読む≫ 2016/11/29 11:32:29

即日融資

何かの事情で「その日のうちに、すぐにでもお金が借りられないか…」と、消費者金融や銀行のカードローンへ申し込む人はとても多く、そんな消費者の要望によって即日にお金を借入れることができる、消費者金融や銀行のカードローンは多くなってきました。
現在では即日キャッシングに対応しているのが、カードローンの大きなメリットの一つとなっています。大きく分けて、即日でお金を借りられる方法は「即日融資」と「即日振込」の二つがあります。それぞれの特徴をよく理解した上で、どちらの方法で借入れをするるのか決めましょう。

続きを読む≫ 2016/11/27 14:11:27

おまとめローン

数社の金融機関から借金を重ねてしまうと、それぞれの金利の違いや返済日の違いなどで返済が大変面倒になったり、借金の管理がおざなりになりがちで、しかも高い金利を支払っている場合も有り、結構な損をしている事になります。
そんな場合には「おまとめローン」を利用することをお勧めします。
おまとめローンはその名の通り、複数の会社からの借り入れを「金利が低い一つの会社」にまとめ、その会社にのみ返済を行うといった返済方法でです。
ローンの金利は、借り入れた金額が多くなるほど基本的に減っていくので、例えば10万円を10社から借りるより1社から100万円を借り入れたほうが支払う金利が結果的に低くなるというわけです。

 

しかし、おまとめローンを利用しても借金が無くなるわけではありません。
上手におまとめローンを利用するポイントがあります。

続きを読む≫ 2016/11/25 15:21:25

繰り上げ返済

住宅ローンやカードローンを、予定していた完済の時期を早め、出来るだけ早く返済する方法の一つに「繰り上げ返済」がある。「繰り上げ返済」とは、毎月の返済に加えて、手元に余裕のある資金を返済に回す事で、ローン残高を減らす方法である。いたって効果的な方法に見えるがメリットやデメリットがあり、金融機関によっても返済条件や手続き方法は多種多様なので、充分に内容を理解して利用することが必要だ。

続きを読む≫ 2016/11/24 10:29:24

銀行.フリーローン

>フリーローン」とは、銀行が扱っている使用目的が自由(フリー)な個人向けのローンだが、事業資金や投資目的には使えない所は一般的なカードローンと同じだ。金融機関によっては、申し込み時か融資を受けてから、使用目的を証明する書類が必要なこともある。
「カードローン」は、銀行・信販会社・貸金業者などが取り扱っている個人向けローンで、借入のために専用のカードを作るのでこう呼ばれているが、最近ではカードを作らないカードレスのローンも誕生している。フリーローンとカードローンの大きな違いは、フリーローンは申仕込んだ金額を限度に借入れてしまえば、返済をして残高がどれほど減っていても、追加で借入をしたい場合は、再度申し込み、審査を受け直す必要がある「限度貸し」であるのに対し、カードローンは決められた「極度枠」の範囲内であれば、何度でも借入れることができる「極度貸し」であるところが大きく違う。

続きを読む≫ 2016/11/21 15:00:21

住宅ローン.借り換え.コスト

2016年2月に日本銀行がマイナス金利政策を導入してから9ヶ月が経ちました。
その間、住宅ローンの人気商品【フラット35】の金利を見てみると、今年2月の金利は1.45%で8月に底値の金利を記録しましたが、11月の金利は1.03%と上がったものの、住宅ローンの金利は去年と比べれば下がっています。既に住宅を購入して、住宅ローンの返済をしている人にとって、今年の2月以前にローンを組んだ方などは、現在よりも高い金利で借りた方が多いのではないでしょうか?、今、住宅ローンを借り換えて、住宅ローンの返済負担を軽減する絶好の機会だと考え、借り換えを検討されている方もいらっしゃる事でしょう。
しかし、幾ら金利が安いところが有利だと思っても、住宅ローンを借り換える際には思わぬコストが掛かってしまうのです。

続きを読む≫ 2016/11/20 13:46:20

住宅ローン.ポイント

住宅ローンとは?

家を買う際に金融機関から受ける融資のことで、金融機関が一括でハウスメーカーや工務店に支払いを行い、立て替えてもらった金額に利子を付けた額を20年や30年という長期にかけて毎月返済していくというのを住宅ローンと呼んでいる。
住宅ローンは金利の少しの違いが大きな差を生むので、マイホーム購入金額のどのぐらいを住宅ローンで補うのか、金利は変動金利か固定金利どちらを選ぶのかをしっかり検討して将来的なマネープランを立てる必要がある。

将来を考えたマネープランが大切

住宅ローンを組むリスクと言えば、高額な借入額(約数千万円)、返済期間が20年〜30年と長期間にわたることが上げられる。また住宅ローンの支払いだけではなく、土地・家屋に掛かる各種の税金や維持費なども必要になってくる。
今までに払っていた賃貸物件の家賃と住宅ローンの返済額を同じにすると、将来的には相当な負担となり、子供の教育費や老後資金の準備ができなくなる可能性もでてくるだろう。

続きを読む≫ 2016/11/07 10:41:07
申し込みも楽になったカードローン

カードローンを使うとき

以前は「キャッシングで借金する」と言ったら、電話だったり、無人契約機を用いての申し込み申請が通例だったのです。
しかし、今日ではWEBの発達により、キャッシングの手続き自体は想像以上に簡便なものになっています。

 

PCが利用できる環境、はたまた携帯やスマホの準備があれば、実際には自動契約機まで行く必要もなくキャッシングは可能になっているのです。
もっと言うなら、自動契約機を利用しなくても、現行へ振り込むという形でカンタンに即日融資が受けられます。
楽にスマートフォンを介してキャッシングを申込めるので、何しろ実用的だと言えます。
やはり最大のポイントは、どこにいようとも申込めることだと考えています。

 

返済に際しても、銀行カードローンは手間暇がかからないというのが大きな利点です。
そのわけは、カードローンの月々の返済時に、提携先銀行のATMはもとより、コンビニATMも使うことができるからなのです。

どんな時に使えば効果的なの?

 

カードローンを使うとき

無利息の期間を設定しているカードローンというのは、借り入れ直後からしばらくの間(多くは30日)は普通ならとられる利息が求められないカードローンです。
無利息で使える期間のうちに返済することができれば、金利請求はないのです。

 

「必要最低限のキャッシングを行なって、給料日に全額返済する」といったサラリーマンにおいてよく目にするパターンからしたら、「ノーローン」は、ある種無限に無利息キャッシングを行なうことが可能なので大変重宝します。

 

一旦キャッシングの申込みと契約だけは終わらせておいて、具体的に厳しい状況になった時に利用するというように、どうしようもなくなった時用として作っておくという利用者もかなりいらっしゃいます。

続きを読む≫ 2016/10/20 11:05:20
無利息の期間を設定しているカードローン

無利息の期間を設定しているカードローンと言われているものは、借り入れが始まってから一定の間は通常であれば徴収される利息が計算される事が無いカードローンです。

 

無利息で利用できる期間に返済してしまえば、金利は発生しないのです。つまりただでお金を借りられたということになります。

 

ただし、たいてい初めて作ったカードローン場合だけしか、そのような期間が得られるものはありません。

 

ですので、過去に作ったかどうが不安な場合は、これまでにいくらくらいの借金をして、いくら位返してきたかということは、どこの金融業者も確かめることができますので、信用情報機関で確認してみるといいですね。

 

無利息期間のあるカードを申込する際は、どうしても作りたいと思ってしまうため、ついつい自分の都合のいいように解釈して、申込時に具合が悪い情報だという理由で嘘を申告師がちですが、むしろ審査を通過できなくなるようです。

 

女性向けのカードローン

総量規制ができてから、専業主婦が貸金業者でカードローンを作るのが困難になり、総量規制のかからない、銀行で作ることが多くなりましたが、

 

銀行カードローンならば、どの商品も専業主婦が申し込めるかというと、そうはいきません。「年収の下限は○○万円」といった細々とした条件が決まっている銀行カードローンも存在します。

 

カードローンの中には、レディースキャッシングとは、女性用のサービスが整備されているキャッシング申込のことを指し、女性に限った優遇条件などがあるそうですが、やはり継続的な収入があることが条件で、専業主婦が申し込めるわけではないので注意してください。

 

即日融資のカードローン

即日融資を受ける事が出来るカードローンの注目度が上昇中だそうです。

 

即日融資の申請が可能なカードローンの優位な所と言えば、とにかく短時間でお金を貸してもらえるところだと思います。さらに借入の限度額を超えなければ、回数の上限なく借り入れ可能です。

 

お財布がピンチになる時は、予告なしに巡ってくるものです。

 

そのような状況も、「即日融資」のカードローンであれば、大丈夫だと思われているようです。

 

たしかに、日常生活においては、いかなる人であっても予想だにしていなかったシーンで、不意にまとまったお金が必要になることがあると考えます。これらのピンチには、即日融資ができるキャッシングが理想ではあります。

 

しかし、銀行ではまず審査が即日でも、融資は翌日になることが多く、即日融資が行われる消費者金融のカードローンでも、申込限度額が小さくないと困難ですので、そんなには甘く考えない方がいいでしょう。

続きを読む≫ 2016/10/17 17:23:17

家計に何ら問題がない時こそ、銀行のカードローンを1枚作っておくことをお勧めします。

 

銀行カードローンは、金利も低く、使途も原則的に自由なので、もし、急な事故や病気で、まとまったお金が必要になった時に役立ちますし、

 

またそれらのお金は保険でまかなえたとしても、収入が一時的に減って、住宅ローンなどの支払いに苦労したりする場合もあるでしょう。

 

そんな時にも、銀行のカードローンがあれば、いつでも必要なだけキャッシングできます。

 

総量規制ができてから、消費者金融はどんどん減り、今は大手しか残っていませんが、

 

その金融需要を満たすために、銀行が消費者向けのカードローン商品をどんどん出しましたから、今は選り取りみどりです。

 

沢山あって、どれを選んだらいいかの迷う方は、ランキングサイトなどで人気のカードローンを知るところから始めてみるといいと思います。

 

もちろん判断は自分できちんとしなければなりません。

続きを読む≫ 2016/08/15 15:14:15

湘南美容外科レーザーひげ脱毛体験談

住宅ローンの金利がとても低いので、借換で返済額を減らせるので、住宅ローンを利用している人には良い時期です。

 

またこれから住宅ローンを組むという人には良い環境ですね。

 

ただ一つ慎重にして頂きたいのは繰り上げ返済です。

 

もちろんローンは早く返し終わったほうがいいわけですが、今一番安い金利で借りられるのは住宅ローンです。

続きを読む≫ 2016/08/09 14:23:09