銀行カードローンがおすすめ

備えておくべき

家計に何ら問題がない時こそ、銀行のカードローンを1枚作っておくことをお勧めします。

 

銀行カードローンは、金利も低く、使途も原則的に自由なので、もし、急な事故や病気で、まとまったお金が必要になった時に役立ちますし、

 

またそれらのお金は保険でまかなえたとしても、収入が一時的に減って、住宅ローンなどの支払いに苦労したりする場合もあるでしょう。

 

そんな時にも、銀行のカードローンがあれば、いつでも必要なだけキャッシングできます。

 

総量規制ができてから、消費者金融はどんどん減り、今は大手しか残っていませんが、

 

その金融需要を満たすために、銀行が消費者向けのカードローン商品をどんどん出しましたから、今は選り取りみどりです。

 

沢山あって、どれを選んだらいいかの迷う方は、ランキングサイトなどで人気のカードローンを知るところから始めてみるといいと思います。

 

もちろん判断は自分できちんとしなければなりません。

なんといっても、金利が低い今ですから、競争もあり、銀行のカードローンも金利が低めで、手続きも簡素化されていて便利です。

 

ただし、そこは銀行ですから、審査は当然厳しくなります。

 

お金が必要になったピンチの時、例えば、リストラにあったとか、転職して、一時的に収入が減ったとか言う時になって申込しても、審査に通らない事もあるでしょう。

 

ですから、順調な時こそ、申込をして作っておくことがお勧めなのです。

 

そうしないと、クレジットカードのキャッシングや消費者金融などで、金利の高いお金を借りなければならなくなります。

 

予め銀行のカードローンを作っておけば、使うことが無ければ、年会費などもかかりませんから、そのままですし、

 

必要になれば、契約した時の金利、限度額で使うこともできます。

 

たまに借りて、返済しておけば信用もついて、限度額を上げることもできる可能性がありますし、

 

限度額が上がれば金利が盛る可能性もあります。

 

ただし、カードローンはたいてい変動金利ですから、市場金利が上がれば金利は上がっていきます。

 

その敵だけは注意しておきましょう。

 

銀行のカードローンは1枚持っておいた方が良い関連ページ

繰り上げ返済がよいとは限らない
金利が低い時は、返済を急ぐ必要は無いのです。何かの時に備えて蓄えておいた方がリスクを軽減できます。
カードローンの無利息期間
借り入れが始まってから一定の間は通常であれば徴収される利息が計算される事が無いカードローン
どんな時にカードローンを申し込むのか
カードローンはいつどのようなときに使えば効果的なのでしょうか。。
住宅ローンのポイントはここ!
住宅ローンを組む時に知っておくと為になるポイントがあります。ここでは押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。
金利だけで判断しない住宅ローンの借り換え
住宅ローンの借り換えを検討するときは、金利だけを見て判断するのはやめましょう。借り換える時には思わぬコストが掛かります。
銀行のフリーローンを活用する
銀行のフリーローンは低金利で使い道も自由なローンです。一般的なカードローンとどのような所が違うのでしょうか?上手に利用すれば大変便利な使い方が出来そうです。
失敗しない繰上げ返済
ローンの繰上げ返済を行えば、完済時期を予定よりも早められる事が出来ます。繰り上げ返済の内容を理解して上手に返済しましょう。
上手に使おうおまとめローン
ついつい色んな貸金業者から言われるままに借入をしてしまい、月々の返済が厳しくなってきた…そんな場合は「おまとめローン」を使って借入を一本化しましょう。。
その日のうちにお金を借りるには
何かの事情で、その日のうちに現金が必要になった時など、どのような方法があるのでしょうか?。
意外と損している「リボ払い」
カードローンの返済方法の主流となっているリボ払いは、月々の返済金額が一定なので返済負担も低く、返済計画も立てやすいので便利に使えますが、意外と損をしていることがあります。