上手に使おう!銀行のフリーローン

カードローンとの違いは?

銀行.フリーローン

フリーローン」とは、銀行が扱っている使用目的が自由(フリー)な個人向けのローンだが、事業資金や投資目的には使えない所は一般的なカードローンと同じだ。金融機関によっては、申し込み時か融資を受けてから、使用目的を証明する書類が必要なこともある。
「カードローン」は、銀行・信販会社・貸金業者などが取り扱っている個人向けローンで、借入のために専用のカードを作るのでこう呼ばれているが、最近ではカードを作らないカードレスのローンも誕生している。フリーローンとカードローンの大きな違いは、フリーローンは申仕込んだ金額を限度に借入れてしまえば、返済をして残高がどれほど減っていても、追加で借入をしたい場合は、再度申し込み、審査を受け直す必要がある「限度貸し」であるのに対し、カードローンは決められた「極度枠」の範囲内であれば、何度でも借入れることができる「極度貸し」であるところが大きく違う。

銀行フリーローンも借入のためには、申し込みの際に審査を受け、「返済能力」や「信用力」などについて判断され、判定基準は一般的なカードローンと同じく、他社を含めた合計借入残高や、過去の返済状況などが審査される。

 

メリットは管理のしやすさと低金利

通常3営業日以上がフリーローンの審査には必要で、「即日審査・即日融資」が多いカードローンに比べれば、少々時間が掛かるが、融資後は返済のみになり、貸し手のリスクが低い分金利も低く設定されている。また、限度額まで繰り返し借入のできるカードローンの場合には、「極度枠が一杯になったまま、いつまでたっても残高が減らない」といった状況になりやすく、金利面で有利なだけではなく、「一旦借りれば、後は返すだけ」というのは、管理面から見てもメリットと言えよう。ただし、繰り上げ返済には手数料が掛かる場合が多いので、注意が必要だ。

 

フリーローンを選ぶポイント

メガバンクが取り扱っているフリーローンは、金利が最も低く設定されいるようだ。さらに三菱東京UFJ銀行の場合などはネットでの繰り上げ返済手数料が無料となっていて、これは大きなメリットと言える。利用条件としては、「勤続年数○年以上で、前年度の税込み年収が○○○万円以上」といった条件が基本的に付けられている場合があり、パートやアルバイトの人にはちょっと厳しい条件だろう。

 

また、地方銀行などで営業区域内に住まいか勤務先があることを条件としているフリーローンもあるので、日常的に給与振込や光熱費の支払いなど、他の取引に利用している場合には、審査や金利の面で有利な、地域密着型ならではの特徴もあるので、比較検討の候補にしてみるべきだろう。
また、ネット銀行を普段から使っている人なら、ネット銀行のフリーローンを利用するのも気軽に申し込めるので便利だ。

銀行のフリーローンを活用する関連ページ

繰り上げ返済がよいとは限らない
金利が低い時は、返済を急ぐ必要は無いのです。何かの時に備えて蓄えておいた方がリスクを軽減できます。
銀行のカードローンは1枚持っておいた方が良い
お金は借りずに過ごせた方がいいが、リスクに備えてカードローンは持っていた方がいい
カードローンの無利息期間
借り入れが始まってから一定の間は通常であれば徴収される利息が計算される事が無いカードローン
どんな時にカードローンを申し込むのか
カードローンはいつどのようなときに使えば効果的なのでしょうか。。
住宅ローンのポイントはここ!
住宅ローンを組む時に知っておくと為になるポイントがあります。ここでは押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。
金利だけで判断しない住宅ローンの借り換え
住宅ローンの借り換えを検討するときは、金利だけを見て判断するのはやめましょう。借り換える時には思わぬコストが掛かります。
失敗しない繰上げ返済
ローンの繰上げ返済を行えば、完済時期を予定よりも早められる事が出来ます。繰り上げ返済の内容を理解して上手に返済しましょう。
上手に使おうおまとめローン
ついつい色んな貸金業者から言われるままに借入をしてしまい、月々の返済が厳しくなってきた…そんな場合は「おまとめローン」を使って借入を一本化しましょう。。
その日のうちにお金を借りるには
何かの事情で、その日のうちに現金が必要になった時など、どのような方法があるのでしょうか?。
意外と損している「リボ払い」
カードローンの返済方法の主流となっているリボ払いは、月々の返済金額が一定なので返済負担も低く、返済計画も立てやすいので便利に使えますが、意外と損をしていることがあります。