おまとめローンの上手な使い方

失敗しないおまとめローン利用法

おまとめローン

数社の金融機関から借金を重ねてしまうと、それぞれの金利の違いや返済日の違いなどで返済が大変面倒になったり、借金の管理がおざなりになりがちで、しかも高い金利を支払っている場合も有り、結構な損をしている事になります。
そんな場合には「おまとめローン」を利用することをお勧めします。
おまとめローンはその名の通り、複数の会社からの借り入れを「金利が低い一つの会社」にまとめ、その会社にのみ返済を行うといった返済方法でです。
ローンの金利は、借り入れた金額が多くなるほど基本的に減っていくので、例えば10万円を10社から借りるより1社から100万円を借り入れたほうが支払う金利が結果的に低くなるというわけです。

 

しかし、おまとめローンを利用しても借金が無くなるわけではありません。
上手におまとめローンを利用するポイントがあります。

ポイントは3つ

「ローンが残っている」ことを忘れない

金利はおまとめローンの利用により下がり、月々の返済額が万円単位で変わることもあります。そういった場合、家計に余裕が出来たからと、無駄に使ってしまっては本末転倒です。「ローンはまだ残っている」ことを絶対に忘れないようにしましょう。

 

追加返済をできるだけする

おまとめローンは長期にわたり少額を返済していく事になりますが、資金に余裕が出来たら、できるだけ追加で返済を行うようにしましょう。追加で返済を行えば、それだけ早く元金が減る事になり、それゆえ元金に対しての金利も下がる事になり、月々の返済が楽になることになります。また、おまとめローンをちゃんと完済した実績があれば、後々住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンを組む際有利になることもあるので、できるだけ早く完済してしまいましょう。

 

キャッシングをそれ以上利用しない

おまとめローンを利用して債務を1社にまとめてしまえば、他の金融機関からまたお金を借り入れることができるようになる場合がありますが、これ以上追加のキャッシングはやめましょう。せっかく返済を楽にしたのに、また返済に苦しむことになってしまい、最悪な場合、任意整理や自己破産になってしまいます。

 

 

上手に使おうおまとめローン関連ページ

繰り上げ返済がよいとは限らない
金利が低い時は、返済を急ぐ必要は無いのです。何かの時に備えて蓄えておいた方がリスクを軽減できます。
銀行のカードローンは1枚持っておいた方が良い
お金は借りずに過ごせた方がいいが、リスクに備えてカードローンは持っていた方がいい
カードローンの無利息期間
借り入れが始まってから一定の間は通常であれば徴収される利息が計算される事が無いカードローン
どんな時にカードローンを申し込むのか
カードローンはいつどのようなときに使えば効果的なのでしょうか。。
住宅ローンのポイントはここ!
住宅ローンを組む時に知っておくと為になるポイントがあります。ここでは押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。
金利だけで判断しない住宅ローンの借り換え
住宅ローンの借り換えを検討するときは、金利だけを見て判断するのはやめましょう。借り換える時には思わぬコストが掛かります。
銀行のフリーローンを活用する
銀行のフリーローンは低金利で使い道も自由なローンです。一般的なカードローンとどのような所が違うのでしょうか?上手に利用すれば大変便利な使い方が出来そうです。
失敗しない繰上げ返済
ローンの繰上げ返済を行えば、完済時期を予定よりも早められる事が出来ます。繰り上げ返済の内容を理解して上手に返済しましょう。
その日のうちにお金を借りるには
何かの事情で、その日のうちに現金が必要になった時など、どのような方法があるのでしょうか?。
意外と損している「リボ払い」
カードローンの返済方法の主流となっているリボ払いは、月々の返済金額が一定なので返済負担も低く、返済計画も立てやすいので便利に使えますが、意外と損をしていることがあります。