「リボ払い」は結構損をしている

便利に見えて損してる「リボ払い」

損.リボ払い

「リボ払い(リボルビング返済方法)」は、カードローンやクレジットカードの返済方法でよく見かけます。カードローンの返済方法は大抵この方法が主流となっていて、クレジットカードの方は、カードを作る時に指定が出来ますし、作った後でもカードを使って何かを買った時の返済方法をリボ払いに変更することも出来ます。
リボ払いのいいところは、例えば何かを買って、その購入金額がある程度大きな額でも、毎月の支払額を、自分の収入に見合った返済金額で設定して返済する事が出来るところです。
こうして見ると、月々無理な返済金額で返済する苦労もありませんし、とてもいいサービスのように感じますが、使い方次第ではかなり損をする返済方法なのです。

リボ払いの情報については、こちらの記事が詳しいのでお勧めです。

リボ払いは借り替えよう

カードローンとクレジットカードのリボ払いに共通している事は、利用限度額内までなら回数は関係なく、何度でも使えると言う事です。
例えば、クレジットカードでの利用限度額が50万円だとした場合、利用限度額の50万円になるまで買い物や支払いに利用でき、限度額の最大まで利用したとしても、月々の支払いは大体5000円〜+リボ手数料で済みます。
しかし、カードローンの場合も同じなのですが、月々の返済がいくら楽だからと言って、限度額目一杯まで使ってしまえば、金利やリボ払い手数料が嵩み返済総額を考えた場合はかなりの損をしてしまうのです。
これは手数料の利率がかなり高く設定されている事が一番の理由と言えるでしょう。

 

いくら便利で良さそうに見えるサービスでも、使いすぎては逆に大損をしてしまうと言う事ですので、何でも程々が一番と言う事です。

意外と損している「リボ払い」関連ページ

繰り上げ返済がよいとは限らない
金利が低い時は、返済を急ぐ必要は無いのです。何かの時に備えて蓄えておいた方がリスクを軽減できます。
銀行のカードローンは1枚持っておいた方が良い
お金は借りずに過ごせた方がいいが、リスクに備えてカードローンは持っていた方がいい
カードローンの無利息期間
借り入れが始まってから一定の間は通常であれば徴収される利息が計算される事が無いカードローン
どんな時にカードローンを申し込むのか
カードローンはいつどのようなときに使えば効果的なのでしょうか。。
住宅ローンのポイントはここ!
住宅ローンを組む時に知っておくと為になるポイントがあります。ここでは押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。
金利だけで判断しない住宅ローンの借り換え
住宅ローンの借り換えを検討するときは、金利だけを見て判断するのはやめましょう。借り換える時には思わぬコストが掛かります。
銀行のフリーローンを活用する
銀行のフリーローンは低金利で使い道も自由なローンです。一般的なカードローンとどのような所が違うのでしょうか?上手に利用すれば大変便利な使い方が出来そうです。
失敗しない繰上げ返済
ローンの繰上げ返済を行えば、完済時期を予定よりも早められる事が出来ます。繰り上げ返済の内容を理解して上手に返済しましょう。
上手に使おうおまとめローン
ついつい色んな貸金業者から言われるままに借入をしてしまい、月々の返済が厳しくなってきた…そんな場合は「おまとめローン」を使って借入を一本化しましょう。。
その日のうちにお金を借りるには
何かの事情で、その日のうちに現金が必要になった時など、どのような方法があるのでしょうか?。